アジングタックルの選び方とおすすめ商品8選

当ページのリンクには広告が含まれています。
アジングタックルの選び方とおすすめ商品8選

アジングを楽しむためには、適切なタックル選びが欠かせません。本記事では、初心者から上級者まで役立つアジングタックルの選び方と、おすすめのタックル8選を紹介します。これを読めば、アジングの準備は完璧です!

目次
プレナビ
「プレナビ」は、ライフスタイルに役立つ情報をお届けするWEBメディアです。あらゆるジャンルのおすすめアイテムを紹介していきます。

アジングタックルの基本

アジングタックルは、アジを効率よく釣るための専用の道具です。適切なタックルを選ぶことで、釣果が大きく変わります。ここでは、アジングタックルの基本について詳しく解説します。

ロッド

アジングロッドは、繊細なアジのアタリを感じ取りやすく、軽量で扱いやすいものが一般的です。ロッドの長さは、6フィートから8フィートの範囲が主流で、釣り場や釣り方に応じて選びます。

  • 軽量かつ高感度: アジングロッドは軽量で感度が高いものが好まれます。これにより、微細なアジのアタリを確実に感じ取ることができます。

リール

リールは、スピニングリールが一般的です。軽量で滑らかなドラグ性能を持つリールを選びましょう。

  • 小型で軽量: リールは小型で軽量なものが適しています。2500番から3000番のリールがアジングには最適です。

ライン

ラインは、PEラインやエステルラインが主流です。どちらも高感度で軽量ですが、使用する状況によって選択が異なります。

  • PEライン: 高感度で飛距離が出るため、遠投が必要な場合に適しています。
  • エステルライン: 感度が高く、風に強い特性があるため、操作性が良いです。

ジグヘッド

ジグヘッドは、アジの捕食行動に合わせて選ぶことが重要です。重量は1gから3g程度が主流で、状況に応じて使い分けます。

  • 軽量ジグヘッド: 微細なアクションが可能で、ナチュラルに誘うことができます。

アジングタックルの選び方

アジングタックルを選ぶ際のポイントを以下にまとめました。これらのポイントを抑えることで、より効果的にアジを釣ることができます。

ロッドの選び方

  1. 長さ: 6フィートから8フィートのロッドが最適です。短いロッドは操作性が高く、長いロッドは飛距離が出ます。
  2. 硬さ: UL(ウルトラライト)クラスのロッドが主流です。柔らかいティップが繊細なアタリをキャッチします。
  3. 素材: カーボン素材のロッドが軽量で高感度です。

リールの選び方

  1. 番手: 2500番から3000番のリールが最適です。軽量で操作しやすいものを選びましょう。
  2. ドラグ性能: 滑らかなドラグ性能を持つリールがアジングには向いています。
  3. 巻き心地: 滑らかな巻き心地のリールを選ぶことで、アジの引きを楽しめます。

ラインの選び方

  1. 種類: PEラインとエステルラインが主流です。釣り場の状況に応じて使い分けます。
  2. 号数: 0.3号から0.6号が一般的です。細いラインは感度が高く、太いラインは強度があります。
  3. カラー: 視認性の高いカラーを選ぶことで、アタリが分かりやすくなります。

ジグヘッドの選び方

  1. 重量: 1gから3gのジグヘッドが標準です。風や潮の流れに応じて使い分けます。
  2. 形状: シャープな形状のジグヘッドが、アジの捕食行動に適しています。
  3. フックのサイズ: 小さめのフックがアジの口に入りやすいです。

おすすめのアジングタックル8選

ここでは、おすすめのアジングタックル8選を紹介します。それぞれの特徴やおすすめポイントを詳しく解説します。

シマノ ソアレ エクスチューン S510UL-S

シマノのソアレエクスチューンは、軽量で高感度のロッドです。ULクラスで、繊細なアタリを逃しません。初心者から上級者まで使いやすいモデルです。

ダイワ 月下美人 MX AJING 68L-S

ダイワの月下美人シリーズは、高い感度と強度を誇ります。68フィートの長さで操作性が高く、軽量なため長時間の釣りでも疲れにくいです。

メジャークラフト ソルパラ SPXT-96LSJ

メジャークラフトのソルパラは、コストパフォーマンスに優れたモデルです。Mクラスの硬さで、様々な状況に対応できます。

アブガルシア ソルティーステージ KR-X

アブガルシアのソルティーステージは、カーボン素材を採用した軽量で高感度のロッドです。KRガイドがラインのトラブルを減少させます。

テイルウォーク アジングロッド AJIST TZ 58/SL

テイルウォークのアジングロッドは、ソリッドティップが特徴で、繊細なアタリをキャッチします。58フィートの長さで操作性が抜群です。

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ 9.6フィート

メジャークラフトのクロステージは、汎用性が高く、様々な釣り方に対応可能です。962フィートの長さで操作性が良く、初心者にもおすすめです。

ヤマガブランクス ブルーカレント 83/TZ

ヤマガブランクスのブルーカレントは、高感度で繊細なアクションが可能なロッドです。83フィートの長さで、遠投が必要な釣り場にも対応します。

ジャッカル ビンビンスティック エクストロ BXS-S69UL

ジャッカルのビンビンスティックは、強度と感度を兼ね備えたロッドです。69フィートの長さで、操作性が高く、アジングに最適です。

アジングタックルの使い方

ロッドの使い方

アジングロッドは、繊細なアタリを感じ取るためにティップを使ってアクションをつけます。キャスト後、ジグヘッドをゆっくりとリフト&フォールさせることで、アジを誘います。

リールの使い方

リールは、スムーズなドラグ調整と巻き取りが重要です。アジがヒットしたら、ドラグを調整してラインブレイクを防ぎます。

ラインの使い方

ラインは、結び方やメンテナンスが重要です。適切なノットを結び、使用後はラインをチェックして傷やトラブルを防ぎます。

ジグヘッドの使い方

ジグヘッドは、風や潮の流れに応じて使い分けます。軽量なジグヘッドを使うことで、自然なフォールアクションを演出できます。

アジングタックルの選び方とおすすめ商品まとめ

アジングを楽しむためには、適切なタックル選びが重要です。軽量で高感度のロッド、滑らかな巻き心地のリール、高感度なライン、状況に応じたジグヘッドを選ぶことで、アジの釣果を大きく向上させることができます。本記事で紹介したおすすめのアジングタックル8選を参考に、最適なタックルを選び、楽しいアジングライフを送りましょう。

アジングタックルの選び方とおすすめ商品8選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントを書く

コメントする

目次