アジングジグヘッドの選び方とおすすめ5選

当ページのリンクには広告が含まれています。
アジングジグヘッドの選び方とおすすめ5選

アジングを成功させるためには、ジグヘッドの選び方が非常に重要です。本記事では、初心者から上級者まで役立つアジングジグヘッドの選び方と、おすすめのジグヘッド5選を紹介します。これを読めば、アジングの釣果を最大限に引き出せること間違いなしです!

目次
プレナビ
「プレナビ」は、ライフスタイルに役立つ情報をお届けするWEBメディアです。あらゆるジャンルのおすすめアイテムを紹介していきます。

アジング ジグヘッドの基本

アジングにおいてジグヘッドは、アジを効率よく釣るための最重要アイテムです。適切なジグヘッドを選ぶことで、釣果が大きく変わります。ここでは、アジングジグヘッドの基本について詳しく解説します。

ジグヘッドの種類

ジグヘッドには、様々な種類があります。以下に代表的なものを紹介します。

  • ラウンドヘッド: 基本的な形状で、バランスが良く、様々なシチュエーションに対応できます。
  • ダートヘッド: 素早くダートアクションを演出できる形状で、アクティブなアジに効果的です。
  • フットボールヘッド: 底をトレースしやすい形状で、底狙いに適しています。

重さの選び方

ジグヘッドの重さは、釣り場の状況や使用するワームに応じて選ぶことが重要です。

  • 1gから3g: アジングでは軽量なジグヘッドが一般的です。軽量なジグヘッドは、ナチュラルなフォールアクションを演出しやすいです。
  • 3g以上: 深場や風が強い時に使用されます。重めのジグヘッドは、飛距離が出やすく、速い沈下が可能です。

フックのサイズ

アジングジグヘッドのフックサイズも重要です。小さめのフックは、アジの口に入りやすく、バラシを減らせます。

  • #6から#10: アジングではこの範囲のフックサイズが一般的です。状況に応じて使い分けましょう。

アジングジグヘッドの選び方

アジングジグヘッドを選ぶ際のポイントを以下にまとめました。これらのポイントを抑えることで、より効果的にアジを釣ることができます。

形状と用途

  1. ラウンドヘッド: オールラウンドに使える形状で、初心者におすすめです。
  2. ダートヘッド: アクションが必要な場合に適しています。アジが活発に動くシーズンに効果的です。
  3. フットボールヘッド: 底を狙う場合に適しています。底をしっかりトレースできるため、根魚にも対応できます。

重さの選び方

  1. 軽量ジグヘッド: ナチュラルなフォールアクションを狙いたい場合に適しています。特に1gから1.5gのジグヘッドは、浅場や穏やかな状況に最適です。
  2. 中量ジグヘッド: 風が強い日や中層を狙う場合に使用します。2gから2.5gが標準的です。
  3. 重量ジグヘッド: 深場や遠投が必要な場合に適しています。3g以上のジグヘッドは、潮の流れが速い場合や深いポイントで効果を発揮します。

フックのサイズ

  1. 小さめのフック: 小型のアジを狙う場合に適しています。#8から#10のサイズが一般的です。
  2. 標準的なフック: 中型のアジを狙う場合に使用します。#6から#8のサイズが適しています。

おすすめのアジングジグヘッド5選

ここでは、おすすめのアジングジグヘッド5選を紹介します。それぞれの特徴やおすすめポイントを詳しく解説します。

ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッド

ダイワの月下美人シリーズは、軽量で高感度のジグヘッドです。様々な状況に対応できるオールラウンドな製品です。

シマノ ソアレアジングヘッド

シマノのソアレアジングヘッドは、特に感度に優れており、微細なアタリも逃しません。エステルラインとの相性も抜群です。

メジャークラフト ジグパラヘッド

メジャークラフトジグパラヘッドは、コストパフォーマンスに優れたジグヘッドです。初心者にも扱いやすい設計です。

ティクト(TICT) アジスタ Mサイズ

ティクト(TICT) アジスタ Mサイズは、スライドアクションが特徴です。特に底を狙う場合に効果的です。

オーナー(OWNER) 静ヘッド

オーナー(OWNER) 静ヘッドは、独自のカットデザインで、水中でのアクションが特徴です。ナチュラルな動きを演出します。

アジング ジグヘッドの使い方

基本的な操作方法

  1. キャスト: 適切な場所にキャストし、ジグヘッドを水中に沈めます。
  2. リフト&フォール: ロッドをゆっくりとリフトし、その後フォールさせることで、アジにアピールします。
  3. リトリーブ: ゆっくりとリールを巻きながら、ジグヘッドを操作します。スローリトリーブが基本です。

状況に応じた使い分け

  1. 風が強い場合: 重めのジグヘッドを使用し、飛距離を稼ぎます。
  2. 夜間の釣り: ライトを使用して視認性を高め、ナチュラルな動きを意識します。
  3. 日中の釣り: 軽めのジグヘッドを使用し、自然なフォールアクションを演出します。

アジング ジグヘッドのメンテナンス

フックのチェック

定期的にフックの先端をチェックし、錆びや傷がある場合は交換します。鋭いフックを維持することが重要です。

ラインのチェック

ラインがフックに絡んでいないか、ラインに傷がついていないかを確認します。ラインのトラブルを防ぐために、定期的なチェックが必要です。

ジグヘッドの保管

ジグヘッドは乾燥した場所に保管し、錆びを防ぎます。適切な保管方法を守ることで、長期間使用することができます。

アジング ジグヘッドの選び方とおすすめ商品まとめ

アジングジグヘッドの選び方は、釣果に直結します。形状、重さ、フックサイズを状況に応じて選ぶことで、アジングを最大限に楽しむことができます。今回紹介したおすすめのジグヘッド5選を参考に、最適なジグヘッドを見つけてください。適切なメンテナンスも忘れずに行い、長く愛用できるようにしましょう。

アジングジグヘッドの選び方とおすすめ5選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントを書く

コメントする

目次