アジングに最適なPEラインの選び方とおすすめ10選

当ページのリンクには広告が含まれています。
アジングに最適なPEラインの選び方とおすすめ10選

アジングで「PEライン」を使うことは、感度を高め、繊細なアタリを捉えるために重要です。本記事では「アジング PE」に焦点を当て、PEラインの選び方やメリット・デメリットを解説し、おすすめのPEライン10選を紹介します。初めてPEラインを使う方も、既に使っている方も、参考にしてください。

目次
プレナビ
「プレナビ」は、ライフスタイルに役立つ情報をお届けするWEBメディアです。あらゆるジャンルのおすすめアイテムを紹介していきます。

アジングにおけるPEラインのメリット

高感度で繊細なアタリを捉える

アジングにおけるPEラインの最大のメリットは、高い感度です。PEラインは伸びがほとんどないため、ルアーやジグヘッドに触れるアジの微細なアタリを直に感じ取ることができます。この特性により、瞬時にアクションを取ることができ、アジを効率よくキャッチできます。

軽量でキャスト性能が向上

PEラインは軽量で、水中抵抗が少ないため、軽いジグヘッドやルアーのキャスト距離が伸びます。これにより、遠くのアジにアプローチしやすくなり、釣果が向上します。特に遠投が必要なシチュエーションでは、PEラインの優位性が際立ちます。

細い径で水切り性能が良い

PEラインは他の素材に比べて非常に細い径で、同じ強度を保ちながらも水切り性能が良いため、軽いルアーやジグヘッドを水中で自在にコントロールすることができます。これにより、アクションや誘いの精度が高まり、アジの食いを誘発します。

PEラインの選び方

ラインの太さ(号数)の選び方

アジングに最適なPEラインの太さは、一般的に0.2号から0.4号(日本表記)です。号数が小さいほど細く、感度や飛距離が向上しますが、強度が低くなります。以下のガイドラインを参考にしてください。

  • 0.2号: 感度と飛距離を重視する場合
  • 0.3号: バランスが取れており、初心者にもおすすめ
  • 0.4号: 強度を重視し、大型のアジや根掛かりの多い場所での使用

ラインカラーの選び方

PEラインは視認性を高めるために、イエローグリーンピンクなどのカラーが使用されます。視認性の高いカラーを選ぶことで、ラインの動きやアタリを視覚的に捉えやすくなります。

結束強度と耐久性

結束強度とは、ラインとリーダーを結ぶ際の結び目の強度を指します。高品質なPEラインは、結束強度が高く、頻繁なキャストやファイトにも耐えられるため、結束強度と耐久性を考慮して選びましょう。

おすすめのPEライン10選

シマノ ソアレ EX8 PE 0.3号

おすすめポイント

「シマノ ソアレ EX8 PE 0.3号」は、8本撚りの高感度PEラインで、抜群の感度と滑らかなキャスト性能を実現します。ラインの耐久性も高く、アジングに最適です。

  • 特徴: 8本撚り、抜群の感度
  • 価格帯: 約2,500円〜3,500円

ダイワ 月下美人 デュラセンサー PE 0.4号

おすすめポイント

「ダイワ 月下美人 デュラブライト PE 0.4号」は、強度と耐摩耗性を兼ね備えたラインで、繊細なアタリを逃さず、長時間の釣りでも安定した性能を発揮します。

  • 特徴: 強度と耐摩耗性に優れる
  • 価格帯: 約2,000円〜3,000円

ヤマトヨテグス レジンシェラー PE 0.2号

おすすめポイント

「ヤマトヨテグス レジンシェラー PE 0.2号」は、非常に細い径ながら高強度で、遠投性能に優れたラインです。繊細なアジのアタリを確実に捉えることができます。

  • 特徴: 細径、高強度
  • 価格帯: 約1,500円〜2,500円

サンライン サクラピンク PE 0.3号

おすすめポイント

「ダイワ 月下美人 デュラセンサー PE 0.4号」は、滑らかでキャストしやすいラインで、繊細な操作が求められるアジングにぴったりです。耐久性も兼ね備えています。

  • 特徴: 滑らかでキャストしやすい
  • 価格帯: 約1,800円〜2,800円

ゴーセン エステルライン PE 0.2号

おすすめポイント

「ゴーセン エステルライン PE 0.2号」は、軽量かつ高感度で、操作性が高いラインです。耐摩耗性にも優れ、長時間の釣りでも安心して使用できます。

  • 特徴: 軽量、高感度
  • 価格帯: 約1,600円〜2,600円

デュエル スーパーエックスワイヤー 0.6号

おすすめポイント

「デュエル スーパーエックスワイヤー 0.6号」は、耐久性と感度のバランスが良く、エントリーモデルとしてもおすすめです。価格も手頃で、コスパに優れた一品です。

  • 特徴: 耐久性と感度のバランス
  • 価格帯: 約1,500円〜2,500円

バリバス アジングマスター エステル レッドアイ 0.3号

おすすめポイント

「バリバス アジングマスター エステル レッドアイ 0.3号」は、初心者からベテランまで使いやすいラインで、高い感度と耐久性を誇ります。遠投性能も優れており、様々なシチュエーションに対応します。

  • 特徴: 高感度、耐久性
  • 価格帯: 約2,200円〜3,200円

サワムラ PEライン 0.2号

おすすめポイント

「サワムラ PEライン 0.2号」は、軽量で操作性に優れたラインです。価格も手頃で、初心者にも扱いやすい一品です。アジの細かなアタリも逃さず捉えられます。

  • 特徴: 軽量、操作性に優れる
  • 価格帯: 約1,200円〜2,200円

シーガー R18 リアルナノ PE 0.3号

おすすめポイント

「シーガー R18 リアルナノ PE 0.3号」は、ナノ技術で高感度と耐摩耗性を実現したラインです。細かな操作がしやすく、初心者から上級者まで幅広く支持されています。

  • 特徴: ナノ技術、高感度
  • 価格帯: 約2,500円〜3,500円

VARIVAS(バリバス) マックスパワー PE 0.4号

おすすめポイント

「VARIVAS(バリバス) マックスパワー PE 0.4号」は、強度と感度が両立したラインで、コスパに優れています。遠投性能も良く、様々な釣り場で活躍します。

  • 特徴: 強度、感度が両立
  • 価格帯: 約1,800円〜2,800円

PEラインのメンテナンスと注意点

ラインの洗浄と保管方法

PEラインは使用後に塩分や汚れを洗い流し、直射日光を避けて保管することで、劣化を防ぎ、長持ちさせることができます。専用のラインクリーナーを使うと、より効果的です。

トラブルを防ぐための対策

PEラインは高感度ですが、擦れやすく、トラブルが発生しやすいです。リーダーとの結束部分やガイドへの絡みを防ぐため、こまめにチェックし、異常があれば早めに交換しましょう。

PEラインと他のラインとの比較

PEライン vs ナイロンライン

PEラインは高感度で飛距離が出るのに対し、ナイロンラインは伸びがあり、扱いやすさがあります。初心者にはナイロンラインがおすすめですが、慣れてきたらPEラインに挑戦してみましょう。

PEライン vs フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは、沈みやすく、耐摩耗性が高い一方で、PEラインは浮きやすく、感度が高いです。釣り場の状況やターゲットに合わせて、使い分けるのがポイントです。

まとめ

アジング PEライン」について、そのメリットや選び方、おすすめのライン10選を紹介しました。PEラインは感度が高く、アジングに最適な選択肢です。選び方のポイントを押さえ、自分のスタイルに合ったラインを選ぶことで、釣果を向上させましょう。メンテナンスや他のラインとの比較も参考にしながら、快適なアジングを楽しんでください!

アジングに最適なPEラインの選び方とおすすめ10選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントを書く

コメントする

目次