【2024年最新】アジングリールのおすすめ10選!選び方とコスパ重視のポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。
【2024年最新】アジングリールのおすすめ10選!選び方とコスパ重視のポイント

アジングに適したリール選びは、釣果を左右する重要な要素です。軽量で感度の高いリールは、アジの微妙なアタリを逃さず、快適な操作性を提供します。本記事では、「おすすめのアジングリール」を徹底的に解説し、選び方のポイントやコスパに優れたおすすめ商品を紹介します。

目次
プレナビ
「プレナビ」は、ライフスタイルに役立つ情報をお届けするWEBメディアです。あらゆるジャンルのおすすめアイテムを紹介していきます。

アジングリールの選び方

アジング専用のリールを選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

軽量さとバランス

軽量なリールは、長時間の釣りでも手首や腕に負担がかかりにくく、操作性が高まります。また、ロッドとのバランスが良いリールを選ぶことで、釣り全体の快適さが向上します。

感度の高さ

アジングでは、アジの繊細なアタリを感知することが重要です。そのため、リールのドラグ性能や巻き心地のスムーズさが感度に影響します。高感度なリールはアジのアタリを逃しません。

糸巻き量とギア比

糸巻き量が多いリールは、遠投や深場の釣りに適しています。また、ギア比が高いリールは、ルアーの操作や回収がスムーズで効率的です。

耐久性とメンテナンス

リールの耐久性は、長期間使用するために重要です。特に、塩水での使用が多いアジングでは、耐食性の高い素材やメンテナンスのしやすさが求められます。

アジングリールおすすめ10選

ダイワ ルビアス FC LT2000S

ダイワ ルビアス FC LT2000S

ザイオン採用の軽量リール、モノコック構造で滑らかな回転性能

おすすめポイント

このリールは、独自開発された炭素繊維強化樹脂、ザイオンを使い、モノコック構造を採用。軽量ザイオン製のローターと2ボールベアリング搭載のラインローラーによって、滑らかな回転性能を実現しています。2020年のモデルということもあり、今は型落ち感があるものの、その軽さとコスパの高さで依然として高評価です。特に、FC LT2000Sのモデルは大変人気です。

シマノ ヴァンキッシュ C2000S

シマノ ヴァンキッシュ C2000S
おすすめポイント

マグネシウムとCI4+(炭素繊維強化樹脂)のハイブリッドボディを採用し、CI4+製のローターを組み合わせた特徴的なデザインです。2023年のモデルチェンジでスローオシュレート機能が追加され、飛距離とキャスト感がさらに向上しました。このリールは、抜群の操作性とスムーズな巻き心地が魅力とされ、特にC2000Sモデルが人気を博していますが、小径スプールとローギアの1000SSSPGモデルも注目されています。

シマノ ソアレXR C2000SSPG

シマノ ソアレXR C2000SSPG
おすすめポイント

ヴァンフォードを基にしたこのリールには、ライトライン用に特別設計されたドラグシステムが搭載されています。ドラグの立ち上がりが優れており、細いエステルラインでも安心して使用可能です。さらに、スプールを2つのベアリングで支えるリジッドサポートドラグが採用され、ヴァンフォードを超える安定感を提供します。その軽さと信頼性の高いドラグ機構が高く評価されており、特にC2000SSPGの番手が人気を集めています。

シマノ ヴァンフォード C2000S

シマノ ヴァンフォード C2000S
おすすめポイント

CI4+素材で作られたボディとローターを採用し、軽量性を追求したリールです。マイクロモジュールギアⅡやサイレントドライブが搭載されており、高い繊細さとスムーズな操作性を実現します。また、Xプロテクトという非接触型の防水技術により、優れた回転性能と耐久性を兼ね備えています。軽さとコストパフォーマンスがユーザーに高く評価されており、中でもC2000Sが特に人気です。

ダイワ カルディア FC LT2000S

ダイワ カルディア FC LT2000S
おすすめポイント

ザイオンV製のボディとローターを採用した、リーズナブルなモノコックボディのリールです。ダイワの独自技術であるマグシールドによって、防水性と耐久性を兼ね備えています。軽量で剛性が高く、コストパフォーマンスに優れている点から、多くのユーザーに支持されています。特に人気のモデルは、FC LT2000Sです。

ダイワ レガリス LT2000S-P

ダイワ レガリス LT2000S-P
おすすめポイント

ザイオンV素材を使用したボディとローターにより、エントリーモデルとしては最高クラスの軽量化を実現しています。最新のエアドライブデザインを採用し、優れた操作性を提供。ATDタイプLのドラグは、初動のレスポンスが良好で、細いラインを使うライトゲームに最適です。特にLT2000S-Pが人気で、1万円程度で手に入る高性能リールとして、多くのユーザーから満足されています。

ダイワ エアリティ LT2000S-P

ダイワ エアリティ LT2000S-P
おすすめポイント

マグネシウム製のモノコックボディに、ザイオン製ローターを組み合わせたこのダイワ製リールは、汎用リールとしては最も軽量なモデルとして知られています。超々ジュラルミン製のマシンカットタフデジギアと、ピニオンと非接触構造にしたエアドライブシャフトが採用され、優れた巻き上げ力と回転ノイズの少なさを実現しています。これにより、ユーザーからは軽さだけでなく、高い操作性と性能が評価されています。LT2000S-Pが人気を集めており、新たに発売されたエアリティSTやSFも注目されています。

ダイワ 月下美人 LT2000S

ダイワ 月下美人 LT2000S
おすすめポイント

エアドライブデザインにより、操作性を大幅に向上させた月下美人は、カルディアをベースにしています。新型のエアドライブローターの採用により、巻き感が軽くなりました。また、ラインローラーは2つのボールベアリングで構成されており、回転抵抗が軽減され、ドラグ性能も向上しています。このリールは、操作性やコストパフォーマンスだけでなく、デザインにも高い評価が寄せられています。人気のモデルはLT2000Sです。

シマノ アルテグラ C2000S

シマノ アルテグラ C2000S
おすすめポイント

高強度樹脂製のローターをCI4+のボディと組み合わせたこのリールは、マイクロモジュールギアやサイレントドライブ、Xプロテクトなど、上位機種に匹敵する機構を多く搭載しています。そのため、発売時には大きな話題となりました。1万円前半の実売価格から、コストパフォーマンスを評価するユーザーが圧倒的に多く、特にC2000Sが人気を集めました。

シマノ ステラ 1000SSPG

シマノ ステラ 1000SSPG
おすすめポイント

マグネシウム製のボディとローターを採用したこのリールは、そのフルメタルのスペックはステラだけが誇るものです。(2500番以上のサイズはアルミ製ローターを採用) ヴァンキッシュはCI4+とのハイブリッドボディですが、ステラはフルマグネシウム合金ボディを備えています。 その巻き感の良さに加え、ステラならではの高級感や所有感に満足しているユーザーも多いでしょう。 定番のC2000Sではなく、1000SSPGが最も人気を集めています。

まとめ

アジングリールは、軽量で高感度、そして耐久性が高いものを選ぶことが釣果アップの鍵です。各リールの特徴を理解し、自分の釣りスタイルや予算に合ったものを選ぶことで、アジングの楽しみが広がります。初心者から上級者まで、ぜひ今回紹介したおすすめリールを参考に、最適なリールを見つけてください。

【2024年最新】アジングリールのおすすめ10選!選び方とコスパ重視のポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントを書く

コメントする

目次