日本製スマートウォッチのおすすめランキング7選!日本メーカーやおしゃれなデザインも紹介!

日本製スマートウォッチのおすすめランキング7選!日本メーカーやおしゃれなデザインも紹介!

日本製スマートウォッチの人気アイテムを比較して、おすすめのランキングをご紹介します。

日本製スマートウォッチの特徴や選び方、価格情報、スペック情報、クチコミやレビューなどを詳しく比較します。

最後に、編集部おすすめの「日本製スマートウォッチをランキング形式」でご紹介します。

目次

スマートウォッチとは

最近ではスマートウォッチという言葉をよく耳にする機会が増えましたが、具体的な機能についてはまだ詳しく知らない方も多いかもしれません。

そこで、スマートウォッチの実際の機能についてご紹介しましょう。

ほとんどのスマートウォッチには、手首に装着することで歩数や心拍数、消費カロリーなどのデータを自動的に計測するアクティブトラッカーが搭載されています。

上位グレードのモデルでは、睡眠中のデータも自動的に記録する機能があります。

さらに、スマートウォッチはスマートフォンとの連携も活用できます。

スマートウォッチで記録したデータを管理するだけでなく、受信したメールの内容をスマートウォッチで確認したり、スマートウォッチをかざすだけで電子マネーを利用したり、スマートフォンに保存した音楽をスマートウォッチから操作して再生したりすることも可能です。

活動量計やウェアラブル端末との違い

活動量計は、リストバンド型のデバイスを手首や足首に装着して身体データを計測・記録するアイテムです。

スマートウォッチと比較すると、基本的な機能や目的はほぼ同じです。

スマートウォッチは、スマートフォンとの連携や多機能性に重点を置いて開発されているため、先述した機能の充実度が高いデバイスとなります。

近年では、スマートウォッチだけで通話ができるモデルも登場し、その機能性は急速に進化しています。

ただし、スマートフォンを所有していない方で、日々の生活データを記録したい場合には、活動量計の方がコストパフォーマンスが良いと言えます。

日本製スマートウォッチランキング|使用するメリット

安定性や耐久性が高い

日本は、製品の品質に対して非常に厳格な基準を持つ国です。

日本製スマートウォッチも同様に、優れた素材と先進技術が使用されており、製品の安定性や耐久性が向上しています。

品質管理は非常に厳重に行われており、長期間にわたって信頼性の高い製品が提供されています。

日本語のサポート対応

日本製スマートウォッチを選ぶと、もし故障などの問題が発生した場合でも、日本語でのサポートを受けることができます。

主要な企業のスマートウォッチは、充実したサポート体制が整っており、迅速な対応が期待できます。

また、説明書も分かりやすい日本語で提供されているため、スムーズに操作を開始することができます。

日本製スマートウォッチランキング|使用するデメリット

フォーマルなデザイン製品が多い

日本製のスマートウォッチは、ビジネス向けのフォーマルなデザインの製品が主流です。

一方、ファッション性の高いカジュアルなスマートウォッチをお求めであれば、海外製の商品を検討することもおすすめです。

さらに、女性や子供向けのスマートウォッチに関しては、海外製品の方が多様な選択肢があります。

価格が高い

日本製スマートウォッチは一般的に高品質な製品が多いですが、海外製品と比較すると価格がやや高めの傾向があります。

また、エントリーレベルの製品が限られているため、初心者にとって手の出しやすい選択肢が少ないというデメリットもあります。

コストパフォーマンスに優れたスマートウォッチを求める場合には、海外製品も検討することをおすすめします。

日本製スマートウォッチランキング|選び方

好みのデザインを選ぶ

スマートウォッチの選択には、自分の個性やファッションに合ったデザインを重視することが重要です。

たとえば、スポーティーなデザインのスマートウォッチは、アクティブなアウトドアでの使用に適しています。

一方、ビジネスシーンで使用する場合は、上品でシンプルなデザインが好まれます。

自分の好みや日常のスタイルに合ったデザインを選ぶことで、スマートウォッチを長く愛用することができます。

必要な機能を選択する

日本製スマートウォッチを選ぶ際には、自分のニーズに合った機能を明確にし、最適な製品を選ぶことが重要です。

スマートウォッチには、健康管理機能、通知機能、音声アシスタント、GPS機能、NFC機能など、多様な機能が存在します。

自分にとって必要な機能を明確にすることで、より適切な製品を見つけることができます。

また、必要な機能だけを持つシンプルな製品を選択することで、無駄なコストを抑えることができます。

日本製スマートウォッチおすすめ7選

CASIO SmartOutdoorWatch

CASIO SmartOutdoorWatch

このスマートウォッチは、米軍が使用するツールに準拠したMIL規格に合致し、さらに水仕事にも耐える5気圧防水(5BAR仕様)です。

そのため、アウトドアでの使用に最適です。高度、気圧、方位の各センサーが計測した情報を、時刻と一緒に表示することができます。

GPS搭載モデルでは、カラー地図の表示やルート設定など、本格的なナビゲーション機能を活用できます。

事前に地図データをダウンロードすれば、電波の届かない環境でも現在地を確認できます。

さらに、スマホとの通信やカラー表示を使用しない場合は、マルチタイムピースモードを利用することでバッテリーの消耗を抑えることができます。

このモードでは最大約1ヶ月の連続使用が可能です。

Wear OS by Googleによる多彩なアプリも利用でき、拡張性に優れています。

なお、iOSとの接続時には一部の機能が制限されることに注意してください。

CASIO G-LIDE(GBX-100NS-1JF)

CASIO G-LIDE(GBX-100NS-1JF)

こちらのモデルはG-SHOCKシリーズから登場し、スポーツウォッチとしても優れた耐衝撃性を備えています。

20気圧の防水性能を持ち、高精度のタイドグラフやムーンデータ表示機能が備わっているため、サーファーやアウトドア愛好家にとって理想的な選択肢です。

スマートフォンとの連携により、通知機能やトレーニングプランの作成機能なども利用することができます。

SONY wena 3(WNW-B21A/S)

SONY wena 3(WNW-B21A/S)

この製品は、バックル部分にスマートウォッチの機能が組み込まれたユニークなデザインです。

お好みの時計部分(ヘッド)を取り付けることで、スマートウォッチとして使用することができます。

高品質なメタルバンドは、ビジネスシーンにぴったりの上品な印象を与えます。

通知機能やステップカウントなどの基本的な機能に加えて、電子マネーや交通系ICカードにも対応しています。

CASIO G-SQUAD(GBD-H2000-1AJR)

CASIO G-SQUAD(GBD-H2000-1AJR)

このスポーツウォッチは、頑丈な耐衝撃性と優れた防水性能を備えています。

GPS機能が組み込まれており、より高い精度でアクティビティを記録できます。

さらに、ソーラー充電機能により、長時間の時刻表示が可能です。

心拍数測定などの健康管理機能も搭載されており、高い完成度を誇るスマートウォッチです。

オムロン(OMRON) スマートウォッチ HCR-6900T-M

オムロン(OMRON) スマートウォッチ HCR-6900T-M

こちらは、健康管理に特化したスマートウォッチです。

オムロンが独自の血圧計測技術を活用し、手首で手軽に血圧を測定することができます。

心拍数や歩数、睡眠時間などの健康データも記録し、分析することができます。

さらに、スマートフォンとの連携により、電話やメッセージの通知機能も利用でき、日常生活の利便性も向上します。

SEIKO WIRED(ワイアード)wiredwena

SEIKO WIRED(ワイアード)wiredwena

こちらは、SEIKOのブランドで展開されているWIREDのスマートウォッチ「wiredwena」AGAB419です。

シンプルな文字盤が特徴で、時間の確認がしやすいデザインです。

このモデルは、SONY wenaとのコラボレーションにより、バックル部分はwena3の仕様となっています。

電子マネーや活動ログ、スケジュールなどの機能を利用することができます。

また、加速度センサーや心拍センサーが内蔵されており、タッチパネル式の通知ディスプレイも搭載されています。

この製品はシルバーのデザインで、主にメンズ向けに展開されています。

なお、SEIKOは日本に本社を構えるメーカーですが、この製品は海外で生産されています。

wenaと時計の両方の機能を備えた商品であり、コストパフォーマンスが良いと言えます。

CITIZEN(シチズン) スマートウォッチ Eco-Drive Riiiver

CITIZEN(シチズン) スマートウォッチ Eco-Drive Riiiver

こちらは、CITIZENの日本製スマートウォッチであるEco-Drive Riiiver「BZ7000-60L」です。

スタイリッシュなメンズ向けデザインが特徴であり、男性の方には好評かもしれません。

このモデルは、Bluetoothを使用してスマートフォンと接続することができます。

Eco-Drive専用アプリを通じて、活動量計などの機能を活用することができます。

また、iiideaを使用することで天気予報やメールなどにも対応しています。

万歩計のように歩数を管理することも可能です。本体の重量は110gで、比較的軽量な部類に入ります。

メーカーによる1年間の保証が付いており、時計の部分は高い精度を誇ります。

光発電方式のEco-Driveにより、「±15秒/月」という高い精度を保っており、時間管理にこだわる方には注目されるでしょう。

日本製スマートウォッチランキングのまとめ

日本製スマートウォッチは信頼性の高い品質と、日本語によるサポート体制が魅力です。万が一の故障時も安心して相談できる点が特筆されます。

確かに価格はやや高めですが、自分の使用目的に応じたモデルを選ぶことで、コストを抑えることも可能です。

この記事を参考にして、国内で生産される高品質なスマートウォッチを選ぶ際にご活用ください。

スマートウォッチの関連記事

[article num=”10″ orderby=”post_date” order=”DESC” layout=”list” tag=”スマートウォッチ”]

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

遊びやライフスタイルに特化したメディア「プレナビ」の公式サイトです! 「プレナビ」のコンテンツ企画・運営しています。

コメント

コメントする

目次